クレジットカード現金化のリスク・注意点を初心者向けに徹底的に解説してみた

MENU

クレジットカード現金化のリスク・注意点を解説

クレジットカード現金化のリスク・注意点を解説


クレジットカード現金化をするときに優良店と名高いジョイフルがお得なのは間違いありません。

しかし、クレジットカード現金化自体にリスク・注意点もありますので、現金化をするときはそれらの事柄を知っておかなければトラブルになる可能性もあります。

この記事では、クレジットカード現金化のリスク・注意点を解説しますので、クレジットカード現金化が初めての方はこちらから確認しておいてくださいね。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?


まず、初めにクレジットカード現金化についてからお話します。

クレジットカード現金化とは、あなたの手元にあるクレジットカードのショッピング枠を現金に換金するサービスのことです。

審査・来店なしで即日中に現金を用意することができることから多くの消費者に人気を集めているサービスです。

また、違法性もありませんし、今まで20社以上の業者で現金化をしてきましたが、何かトラブルがあったことはありませんので自己責任でおこなうのであればお金を手に入れる方法としては最適と言えるでしょう。
(現金化の手順に関しては『ジョイフルでする現金化の申し込み手順を解説』をご覧ください)

クレジットカード現金化の3つのリスク

クレジットカード現金化の3つのリスク


次はクレジットカード現金化のリスクについてお話します。

クレジットカード現金化には3つのリスクが存在します。

現金化の3つのリスク
  • 悪質な詐欺業者が存在している
  • 多重債務を抱えてしまうこともある
  • 消費者が必ず損をする

現金化をするときは、必ずこのリスクを承知した上でおこなわなければなりません。

では、それぞれのリスクをひとつひとつ解説していきましょう。

悪質な詐欺業者が存在している

悪質な詐欺業者が存在している


現金化には、消費者のショッピング枠を騙し取ろうとする悪質な詐欺業者も存在します。
そのため、現金化業者を選ぶときはちゃんと比較して優良店を選ばなければトラブルになってしまう可能性もあるのです。

最悪のケースだと、現金が入金されなかったり、事前に話していた換金率より大幅に低い金額しか振り込まれなかったりといった詐欺もあります。

利用する現金化業者は消費者自身が比較しなければなりませんので、安心の信用できる現金化業者を選ぶ手間が必要となります。

多重債務を抱えてしまうこともある

多重債務を抱えてしまうこともある


クレジットカード現金化は審査・来店なしで即日中にお金を用意することができますが、使ったショッピング枠は後日にカード会社に返済しなければなりません。

しかし、その利便性の高さから返済のことを考えずに利用してしまい、多重債務を抱えてしまう消費者の方も多いのです。

現金化は支払いを先送りにする行為です。
きちんと返済計画を立てて、返済しきれる金額の利用を心掛けなければなりません。

消費者が必ず損をする

消費者が必ず損をする


クレジットカード現金化は業者を使っておこないますので、業者に多少の手数料を支払わなければなりません。
従って、業者に支払う手数料の分だけ消費者は損をすることになるのです。

現金化業者に一般的な手数料は20%〜25%です。
現金化をするときは最終的には損をすることを覚えておき、自己責任でおこなうようにしましょう。

また、手数料の金額は業者によって異なりますので、現金化をするときは少しでも手数料の安い業者を選ぶことが大切です。

現金化はリスクを知った上で利用しよう!

現金化はリスクを知った上で利用しよう!


いかがでしたか?

クレジットカード現金化は即日でお金を用意するのに最も簡単で利便性の高い方法ですが、リスクがないワケではありません。

トラブルを避けるためにもこういったリスクを知った上で利用を考えたほうがいいでしょう。

また、どうしてもお金が必要なのであれば優良店で現金化することがオススメです。
安全に高換金率で確実に現金を用意することができますので少しでも損を減らすためにも業者選びは必須です。

優良店として有名な現金化業者は『ジョイフル』実際に現金化して調査した結果でも業界トップと言える業者でしたので、クレジットカード現金化をするときはぜひこちらを参考にしてみてください。

ジョイフルの公式HPはこちら